読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

対猫フン戦争~戦いの終わり~

博士です。

 

対猫フン戦争の続きです。

たしか以前のブログで対猫フン戦争2日目までの方向をしたと思う。

3日目どうなったかから書こう。

 

3日目、期待を膨らませて朝起きて庭を見る。

f:id:iceburgclimbing:20161126091542j:plain

うんこが、うんこが3つも!!!

形状は割合しっかりしているので、スコップで取れた。

やはりダメなのか。

この超音波は本当に効くのだろうか?

 

疑念はつのるばかり。

新兵器「ガーデンバリア」の超音波攻撃をもってしても猫のフンは消えない。

もしかすると、猫の方も超音波には反応しないように進化を遂げたというのだろうか。

スーパーラットならぬスーパーキャットが出現しているのかもしれない。

そのうちトトロみたいなでっかく進化を遂げたスーパーキャットが人間を駆逐し、この地球を占拠し、独自のテクノロジーで我々を駆除し始めるかもしれない。

その時、奴らはきっと対人間用「ガーデンバリア」で、ホームレスとなった我々人間が夜中に奴らの目を盗んで、奴らの庭でうんこをする邪魔をするのだ。

もううんこできなくなるのか。

どうすればいいのだ。

 

でも悲観することはない。

きっと、その時我々人間だって、かつての奴らのように「ガーデンバリア」には屈せずうんこができるように自らの体を進化させることだろう。

生物の進化とはそういうものだ。

 

そういうとりとめのないことを考えながら、その夜も眠りにつき、次の朝に目を覚ました。

朝はいつも希望で満ちている。

希望。

今日一日が幸せであってほしいという希望。

夜中に猫がフンをしないでいてくれたらという希望。

そして今朝もも希望をもって庭を見た!

f:id:iceburgclimbing:20161126092604j:plain

フンがない!!

フンが転がっていなかった!!

勝ったのだ!!

我々はとうとう対猫フン戦争に勝利したのだ!!

 

ひとすじの涙が僕のほおをつたって流れた。

貴船神社に紅葉を見に行く

博士です。

 

実は京都市内某所に住んでます。

この時期(11月)の京都は紅葉を見に来る観光客であふれかえってます。

どこに行っても観光客でいっぱいなので、京都人はげんなりって感じです。

 

とはいえ、京都の紅葉に興味がないわけでもないので、今日は叡山電鉄に乗って貴船神社まで紅葉を見に行ってきました。

叡山電鉄では市原駅二ノ瀬駅間に「もみじのトンネル」なるものがあり、まるでもみじで出来たトンネルみたいに、線路の左右から紅葉したもみじが電車に押し寄せてくるのです。

 

てな感じで期待に胸を膨らませて今回初めて行ったのですが、すでにもみじの葉っぱはほぼ落ちてしまっており、悲しいことに「もみじの枝トンネル」と化してしまっていたのです。

先週に風が強かった時期があり、いつもより早く紅葉が散ってしまったとのことでした。残念。

 

でも貴船口駅につくと、プラットホームからきれいな紅葉したもみじが見れました。

 

f:id:iceburgclimbing:20161124225710j:plain

 

貴船口駅で降りると、すぐにバス乗り場があり、貴船神社までバスで行けます。

運賃は160円。

歩いても行けそうでしたが、寒かったし暗かったので、バスに乗りました。

バスで貴船神社の近くまで行き、そこからは徒歩で貴船神社に向かいました。

 

途中食べ物屋さんとか、お土産物屋さんとか、温泉なんかもありましたが、意外に客が入っていなくて、物寂しかったです。

甘酒やみたらし団子やあんころ餅みたいなのが売ってましたが、結構寒かったので、立ち食いうどんとかの方が売れるんじゃないかなと思いながらお店を見てました。

でもたぶん、食べ物屋さんが980円くらいで各種うどんを提供していたので、それに気遣って300円くらいの立ち食いうどんのお店は出せないのかもしれません。

たこ焼き屋さんとかも流行りそうだし、たい焼き屋とかもいいかも。

でもこういう商売っ気のないところがまた京都らしいところでもあるのかもしれません。

 

貴船神社につきました。

↓こんな感じの灯篭がいい雰囲気を醸し出しています。

 

f:id:iceburgclimbing:20161124230433j:plain

 

写真だけ見るとなんだかとてもいい雰囲気ですが、この他の京都の観光地同様、人が多すぎて静かで厳かな雰囲気は感じることができませんでした。

↓ついでにもう一枚

 

f:id:iceburgclimbing:20161124230735j:plain

 

京都に住んでると、ほぼほぼ観光地には行かないのですが、行かないのは行かないで損した気分になり、せっかく京都に住んでるんだからライトアップでも見に行くかなどと思い立っては行き、行っては殺人的な人混みに疲れ、行ったことを後悔し、もう二度と行くまいと心に決め、でも次の年になると同じ事をまたまた繰り返してしまうのです。

 

貴船口から叡山電鉄に乗って家に帰ってきて、晩御飯は家にあるもので適当にすませました。

冷凍ピザがあったので、オーブントースターで焼いて、体が冷えていたので温かいものが食べたくなってエースコックのワンタンメンを作りました。

 

エースコックのワンタンメンうまかったです。

そしてワンタンメンを食べながら、貴船神社を思い起こし、あそこでワンタンメン屋をやれば、たとえ即席ラーメンだったとしても結構売れるんじゃないだろうか。

そんなことを考えてました。

対猫フン戦争~戦いの幕開け~

博士です。

 

今年、郊外の一軒家に引っ越したんですが、最近になって困っているのが猫のフン被害です。

引っ越した当時はフン被害はなかったんですが、最近になって、朝起きると裏庭の芝生の上に猫のフンが見られるようになりました。

 

何とか対策をしないと手入れをしてりる芝生が猫にやられてしまう。

そう思ってまず行ったのがホームセンターで、そこで売っていた猫を寄せ付けないという砂を買って庭に撒いてみました。

 

次の日、朝起きてみるとフンが!?

これは効いてないぞと思った僕は、その砂を庭の芝生全体にまんべんなく撒きました。

そして次の日、朝起きると、昨日までは糞だらけの芝生が見事に糞ゼロに!!

対猫フン戦争は見事僕の勝利に終わったのでした。

 

……と思ったのですが、まだ戦いは始まったばかりだったのです。

それから数日は猫のフンのない平和な日々が続いていました。

ところが、ところが、数日後朝起きてみると、またまたフンが転がっていたのです。

 

ここで引き下がっては一生我が家の芝生はフンにまみれてしまうことになる。

そうなったら、逆上した僕が夜中エアガンを構えて、猫の訪問者を待ち続けるスナイパーとなる危険すらある。

そうなると、ご近所からサイコパス扱いされるかもしれない。

(注意:ちなみに博士は極めて平穏なヒューマニストなので、動物虐待なんか絶対にしない性格です)

 

やはり非暴力的に猫を撃退する必要がある。

 

そこでネットを調べると効果がありそうだったのが、超音波で猫を撃退する機械でした!

ちなみに買ったのはこれ↓

 

 

ユタカメイク:ガーデンバリア 変動超音波式ネコ被害軽減器

ちなみに買った時は7500円くらいだったのですが、その数日後にアマゾンで調べてみると、9500円になってました。なぜなんだ?不可解なインフレ?

 

さすがに7500円もする機械だし、アマゾンのレビューも良かったので、これで対猫フン戦争も終結を迎えるだろうと高をくくっていました。

「へっへっへ、ニャンコども、今夜からはうちの芝生をお前らのトイレにはさせないぞ」と満足げに庭にこの機械を設置しました。

 

ちなみにこの機械は優れもので、センサーで猫を感知し超音波を発する機械です。

夜用にしておけば、明るい昼には作動しません

しかも猫にとってもやさしい機械で、音を聞いてみたんですが、強い不快音がするわけではなく、僕にはほぼ聞こえないほどのやさしい音です。

 

その夜はなかなか寝付けませんでした。

今猫が来てるんじゃないか、そしてあの超音波を受けて、うんちをするのをあきらめ、庭から出て行ってるんじゃないだろうか。

激しい便意を感じてコンビニのトイレに行くと誰かが入っていて一向に出てくる様子がない時の絶望感を、その猫も感じているのではないだろうか。

 

そして次の朝、意気揚々と僕は庭を見たのでした。

すると……

なんと……

 

前日よりは少しましな程度に(冷静に考えるとほぼ同じ程度に)フンが残されていたのです。

しかしよく観察してみると(なぜ猫のフンを観察しなきゃならんのだ)、前日までは猫のフンが上から押さえつけられたように芝生にめり込んでいたのですが、この機械設置後はフンはめりこんではおらず、きれいな固形が維持されていました。

つまりスコップでフンを救えるほどに形がキープされていたのです。

 

やった!

少なくともこれでフンをスコップですくえる!!

それ以前はホースの水で流すしかなかったというのに!!!

対猫フン戦争に勝利したのです!!!!

 

こんな小さな勝利で満足しているわけにはいきません。

これはきっと何かの間違いだ。

もう一度この機械にかけてみようと、次の日も機械を設置し、作動確認もし、寝ました。

 

すると…

次の朝、やはりフンが、フンどもが、いつも通り転がっていたのです。

そしてフンをよく観察してみると(すでにプロ感覚です)、やはり形はキープしており、そのキープ度は前日よりもきれいでした。

 

やった!

きれいな固形のフンが目の前に!!

もうええわ。フンっ!!!

 

固形のフンはおそらく、猫がフンをした後にその場に長居しなかったことを意味していると思いました。

つまり機械設置前はフンをした後、その場でフンの上でゴロゴロしたり、フンを芝にめり込ませたりする時間を十分にとっていたと思われます。

しかし機械設置後はフンをした後そそくさとその場を後にしているのではないでしょうか。

 

ある程度猫に不快感を与えてはいる。

でもフンはなくならない。

このジレンマを解消するには、機械のメーカーに電話をして、この窮状を訴えるしかない。

そう思った僕は機械のマニュアルをもう一度よく読んでみました。

するとある文字が目に入ってきたのです。

 

「この機械は、設置すると、一週間ほどで猫がその場にいることに不快感を感じるように設計されています」

 

なんと!?

一週間かかるだと!?

 

しかたあるまい。

一週間待ってみよう。

 

対猫フン戦争は続く。

映画『スター・トレックBEYOND』を観てきました

2016年11月20日航海日誌を担当する博士です。

ずっと気になっていた『スター・トレックBEYOND』を観に行ってきました。

新シリーズになってからは『スター・トレック』シリーズを全部劇場で観てるんですが、今回のは一番面白くなかったです。

ほぼほぼストーリーに引き込まれることもなく、エンタープライズ号のクルーたちが敵と戦っている中、僕はひたすら眠気と戦っていました。

エンタープライズ号のクルーたちは敵に勝ったけど、僕は眠気に勝てず、寝ぼけ眼で終わった後すぐに映画館から出ようとして席を立ったんですが、初めての映画館だったため真っ暗な中で出口が分からず、再び席に戻ってきて二度寝しました。

今後このシリーズが続いたとしても、もう観に行かないかもしれません。それくらい今回のスター・トレックはつまらなかったです。

素晴らしい映画というのは人物が描けている映画だと常々思っているのですが、今回の『スター・トレック』では人物がほぼ描かれてませんでした。

個人的には、スター・トレックにはもっと科学的なテーマを扱ってほしいと思っています。パラレルワールドとかタイムマシーンとか、僕らが知らない科学の知識を駆使して面白い物語を作ってほしいです。

ということで、映画の感想はこのあたりにしておきたいと思います。もうこれ以上何も出てきません。やはり面白くない映画というのは語ることが難しいです。語る中身がないんです。

また映画の感想をブログに書きたいと思います。おそらく次はハリーポッターの新作ファンタスティックビーストについて書くと思います

 

博士の映画評価『スター・トレックBEYOND』

★☆☆☆☆

 

 

博士とさっちゃんでブログはじめました

このブログは博士とさっちゃんの二人によるブログです。

この二人がどういう関係なのか、謎は深まるばかりです。

 

博士が最近はまっていることはダイエットです。

とはいいながら、今日も、朝はトーストとサラダ、昼にエビカツサンド、昼過ぎにスフレチーズケーキ、夜は豚汁とサンマの塩焼き、デザートにプリンを食べてしまいました。

運動もしなければと、最近始めたばかりのテニス教室で週一回運動しています。

空振りの連続でなかなかラケットに当たりません。

 

さっちゃんが最近ハマっていることはガーデニングです。

行きつけの園芸店で草花を見ながら何時間でも過ごすことができます。

園芸店に行けばおいしいワッフルを頬張ったり、お気に入りのバラをみたりしています。もちろん、お店のブログも毎日欠かさずチェックしています。

 

これからこの二人でカリスマブロガーを目指します。